ニキビについて

ニキビは皮脂により毛穴が詰まってしまって、その中で炎症が起きている状態です。

乾燥肌だと皮脂が少ないことから毛穴を詰まらせることがないように思われますが、現実は違います。

皮脂の分泌が異常に低いと肌は乾燥を防止するためにたくさんの皮脂分泌をしてしまいます。そうすると、毛穴が詰まってしまってニキビができるわけですね。
ご存知かもしれませんが、ニキビはアクネ菌のせいでできるので、フェイスタオルやスポンジなどのメイク用品を他の人と共有で使用していたり、肌が直に触ってそのまま洗わなかった場合などに、他の人のニキビがうつることがあります。

また、自分のニキビを触った後で、顔を触ってしまうと、その場所にもニキビができることがあるでしょう。
成分的に美容のためのものが多く含まれた化粧水や美容液等の使用で、保水力アップが可能なのです。肌のケアにはコラーゲンやヒアルロン酸、アミノ酸などの成分が入ったコスメや化粧品が向いています。血の流れをよくすることも大事なので、有酸素運動やストレッチ、半身浴、ウォーキング等を行い、血流を改善しましょう。
肌のお手入れで何が最も大切かというと、正しい方法で洗顔することです。誤った洗顔のやり方では、肌を痛めてしまい、保水力の低下を招く理由のひとつになります。

ゴシゴシ洗わずに弱い力で洗う、すすぎをしっかりと行うといったことを頭において、洗顔をすべきです。アトピーの場合は湿度が低いことによるかゆみも起こることが多いですから、乾燥肌用の入浴剤を使ったり、保水成分が十分に配合されているスキンケアを使用すると良いですね。その他にも、軟水を使用して洗顔したり、体のケアをするのも良いでしょう。

軟水は肌トラブルが起きる可能性が少ないことから刺激に弱いアトピーの人にとっては好適なのです。